虫歯について

なるべく痛くない治療を、
歯を守る治療を

 

「歯の治療は嫌いですか?」

こう聞くと、ほとんどの方が「はい」と答えると思います。その1番の理由は”治療が痛いから”というものです。
デンタルオフィス北野では、患者の皆さまが治療後に「痛くなかった」と感じ、安心して通っていただけるように
なるべく痛みを感じない治療に徹底的にこだわっています。

また、痛くない治療を行うと同時になるべく最小限の歯を守るための治療を行うことを心がけています。
歯は治療によって削れば削るほど寿命が短くなってしまいます。
早期発見、早期治療を行うことで歯の寿命がのび、定期検診を続けることで結果的に治療費も抑えることができます。

当院の虫歯治療3つの特徴

当院の虫歯治療3つの特徴

歯は持って生まれた大切な財産です。
当院ではなるべく歯を温存し、痛みの少ない身体に優しい治療を行っています。
大切な歯を1本でも多く残し、歯の寿命を少しでも長くすることが当院の目的です。

 

なるべく痛くない治療

1.表面麻酔で針のチクっとした痛みを無くします

麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みを無くすために、「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使用し、痛みを軽減します。

表面麻酔

歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔剤

2.麻酔液を体温と同程度に温めることで麻酔液が入る際の痛みを無くします

麻酔を行う際に痛みを感じる原因の一つが麻酔液と体温との温度差です。
当院ではこの機械を用いて麻酔液を体温と同程度に温め、体内に入れる際の刺激を軽減します。

表面麻酔

カートリッジウォーマー(歯科用麻酔剤の保温機)

3.通常より細い33ゲージの針を使用することで針の痛みを無くします

麻酔時の痛みを軽減させるもう1つ大きな要素が、使用する針の太さです。
当院では、販売されている麻酔針の中で最も細い33ゲージの針を使用しています。
これにより麻酔注射時の痛みを和らげます。

表面麻酔

33ゲージの細い麻酔針

 

なるべく削らない治療

歯は1度削ってしまうと、2度と元に戻ることはできません。

患者さんの歯の寿命を少しでも長くするために、できるだけ歯を削らないことが重要です。
虫歯の進行具合によっては適切な治療を行うために削ることが必要なケースも多々ありますが、
初期のむし歯に対しては、まず削ることを優先するのではなくブラッシング指導やフッ素塗布などの
予防処置を行い、専門的な判断のもとで経過観察を行うことも治療の1つだと考えています。

数ヶ月に1度の経過観察を行うため、必ず定期メインテナンスにお越しください。

 

なるべく神経を抜かない治療

今までの歯科治療では、
虫歯が大きいので神経をとる」ということが当たり前に行われてきました。
それにより、中高年から年配の方のお口の中は神経を取ってしまっている歯がたくさんあることが通常です。

しかし、最近では「歯の神経を残すことがいかに重要か」が分かっています。
デンタルオフィス北野では、虫歯治療時に神経を残すことに全力を尽くします。

MTAセメントという特殊なセメントを用いた生活歯髄切断法を行い、
通常なら抜いてしまう神経を温存します。
(※すでに強い痛みが出ている場合や、神経が壊死している場合は適応外です

神経を抜くデメリット

 

生活歯髄切断法のイメージ

大きな虫歯を除去していくと歯の神経(歯髄)が露出してしまうことがあります。
生活歯髄切断法では神経を残すために神経が露出してしまった部分(露髄部)を
洗浄・止血し、MTAセメントを充填して保護します。

この治療法は通常の視野では確認できない神経の細かな状態を判断し、
精密な治療を行う必要があり、マイクロスコープ(歯科用手術顕微鏡)が必須となります。

当院では、マイクロスコープを使った精密な治療に力を入れています。

当院のマイクロスコープを用いた精密治療はコチラから

虫歯の進行と症状

 

CO ごく初期の虫歯
【CO ごく初期の虫歯】
歯の表面が溶け始めた状態で、まだ穴は空いておらず冷たいものがしみるなどの自覚症状はありません。
この段階では、治療のために削ることがかえって良くない場合もあります。

治療方法:経過観察 フッ素塗布

※今後の虫歯の進行具合によっては早期治療が重要となります。必ず定期検診を受診しましょう。

 
 

C1 歯の表面の虫歯
【C1 歯の表面の虫歯】
最も初期の状態から少し進行し、歯の表面のエナメル質だけに穴があいた状態です。
痛みなどを感じることはほとんどありません。
虫歯の部分を取り除き、詰めものなどで処置をします。

治療方法:レジン修復(歯科で用いられるプラスチック)

※この段階で虫歯を治しておくことが重要です。
 また、虫歯になった原因を考えて歯磨き指導などを行います。

 

C2 神経に近い虫歯
【C2 神経に近い虫歯】
歯の内部の象牙質の層まで虫歯が進行した状態です。
冷たいものや甘いものを食べたりすると痛みを感じます。
治療中に痛みが出ないよう局所麻酔を使用して治療を行います。
虫歯が神経(歯髄)まで達している場合もあります。

治療方法:セラミックや金属の詰め物で治療を行います。

※虫歯が歯髄に達している場合、神経を保存する治療が必要です。虫歯の再発を防ぐためには精密な適合の良い詰め物を入れることが重要です。

 
 

C3 神経まで進んだ虫歯
【C3 神経まで進んだ虫歯】
虫歯が神経まで達すると、熱いものが強くしみたり、何もしていないのに激しい痛みを伴います。
ここまで進行した段階では、神経を保存することは極めて難しくなり、神経をとる治療が必要となることがほとんどです。

治療方法:マイクロスコープ(歯科用手術顕微鏡)を用いた根管治療(根っこの治療)を行います。
     根管治療終了後にセラミックなどの被せ物を装着します。

※根管治療は非常に難しい治療です。
マイクロスコープを用いることで治療精度が上がります。
当院のマイクロスコープを用いた精密根管治療はコチラから

 
 

C4 歯が崩れた末期の虫歯
【C4 歯が崩れた末期の虫歯】
C3を放置した場合、激しい痛みがしばらく続いた後、やがて痛みがなくなる段階がきます。
これは、痛みを感じる神経そのものが壊死してしまい痛みを感じなくなるのです。
この状態をさらに放置すると、歯根が膿んでしまい強烈な痛みを感じるようになります。
この段階に至ると抜歯せざるを得ないケースも多々あります。

治療方法:保存可能であれば、根管治療を行い被せ物装着
     保存不可能であれば、抜歯

※抜歯となった場合は、インプラントや入れ歯などを用いて歯がなくなった部分を補うことが必要となります。
 この状態になるまで虫歯を放置せず早めに歯科医院を受診してください。

 
 

虫歯の治療が終わった後は

虫歯を治したら終わり」だと思っていませんか?
お口の中で、最も虫歯になりやすいところはどこでしょうか?
それは1度治療を行なっている部分です。
虫歯を治した後の再発を予防するには定期的なメインテナンスが最も重要です。
当院では、国家資格を持つ歯科衛生士が行う定期メインテナンスによる
予防歯科を最も重視しています。

 

当院の歯科衛生士による予防歯科はコチラから